速報
» 2005年09月16日 08時19分 公開

Oracle、ソフト開発者を宇宙旅行に招待

Oracleの宇宙旅行が当たるコンテストの当選者が発表された。当選者は無重力を体験し、地上約10万メートルの上空から地球を眺めることができる。

[ITmedia]

 米Oracleは9月15日、宇宙飛行が当たるコンテストの特賞当選者に、顧客企業Strykerの上級ソフト開発者、ブライアン・エミット氏(30)が選ばれたと発表した。

 このコンテスト「Oracle Space Sweepstakes」は宇宙旅行会社Space Adventuresと組んで、ソフト開発者を対象に米国とカナダで昨年12月から今年5月まで実施。参加者はOracleの最新版Javaおよびサービス指向アーキテクチャ(SOA)開発技術に関するチュートリアルとクイズで知識を競い、勝ち抜いた候補者の中から抽選でエミット氏が選ばれた。

 同氏にプレゼントされる宇宙飛行では無重力を体験し、地上約10万メートルの上空から地球を眺めることができる。

 今後アジア太平洋と欧州中東アフリカ地域でも、同コンテストの特賞受賞者が発表される。宇宙飛行のほか、AppleのPowerBookやiPod、「スター・ウォーズ」のDVDなどが景品として贈られるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -