速報
» 2005年10月26日 08時07分 公開

ストレージ大手が新オープンソースコミュニティー結成

ストレージ大手が共通プラットフォーム構築を目指し、オープンソースコミュニティーを発足させる。参加企業はCisco、富士通、IBM、Sunなど。

[ITmedia]

 Cisco Systems、富士通、IBMなどのストレージ大手が参加して、新しいオープンソースコミュニティーを発足させる計画が10月25日発表された。

 参加企業はBrocade Communication Systems、Cisco、Computer Associates International、Engenio Information Technologies、富士通、IBM、McDATA、Network Appliance、Sun Microsystemsの各社。「Aperi」のプロジェクト名で、共通のストレージソフト管理プラットフォーム開発を目指す。

 Aperiはラテン語で「オープン」の意味。オープンなアプローチを採用して全ブランドのストレージシステムを管理できる共通プラットフォームを構築し、ストレージ環境管理の柔軟性強化を図るとしている。

 コミュニティーは非営利の独立系マルチベンダー組織によって運営され、まずIBM、Sunなどがストレージインフラ管理技術を提供。ほかのメンバー企業もオプションで知的財産を提供できる。理事会の構成など組織の詳細については近く発表予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -