ニュース
» 2005年11月21日 13時40分 公開

Doblog、トラックバックスパムに3つの対策を実施

ブログサービス「Doblog」は、頻発するトラックバックスパムに対し対策の目処を発表。順次導入予定の機能についてをコメントした。第1弾は今週中にも実施される予定。

[ITmedia]

 NTTデータ提供のブログサービス「Doblog」は11月18日、Doblog内で頻発しているトラックバックスパム対策の目処が立ったとして、3つの機能の導入予定をスタッフブログ上で発表した。

 1つ目は「コメント・トラックバック機能の非表示設定」。現在、標準で必ず表示されるようになっているコメントとトラックバックを、ユーザーが表示、非表示の選択ができるようにするというもの。なお、途中から非表示に変更した場合、非表示にしている間はコメント投稿およびトラックバックを受け付けなくなり、再表示をした場合にはそれまでされていたコメント、トラックバックが再表示される。この機能の導入は今週中が予定されており、機能導入のためのメンテナンスの予定が確定次第、別途告知される。

 2つ目は「トラックバックされたスパム先の記事内に、ユーザーの記事へのリンクが存在しなかった場合、トラックバックを拒否可能な機能」。ユーザーの記事に対して送られたトラックバックの記事元にユーザーの記事へのリンクが存在しない場合、トラックバックを拒否できるもの。この機能の利用に関してはユーザー自身で選択可能。導入予定は12月上旬という。

 3つ目は「Doblogユーザー以外のトラックバックを受け付けない機能」。現在、コメントでは採用されているDoblogユーザー以外のものを受け取らないという設定を、トラックバックにも付加するもの。この機能の導入時期は未定。

 ただし、トラックバックスパムの問題は深刻で、とにかく早く対応してほしいというユーザーからの声も多い。今後の対応に期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -