速報
» 2005年12月06日 08時11分 公開

JBoss、ArjunaとHPのトランザクション技術を買収

JBossはArjunaとHPが保有する技術を買収し、JBoss Enterprise Middleware Suiteに組み込んでオープンソース化する。

[ITmedia]

 オープンソース企業のJBossは12月5日、ArjunaとHPが保有する分散型トランザクションモニタ技術とWebサービス技術を買収したと発表した。JBoss Enterprise Middleware Suite(JEMS)にこれら技術を組み込んでオープンソース化する計画。

 買収したのはトランザクションエンジンの「Arjuna Transaction Service Suite」(ArjunaTS)と、Web Services Transaction(WS-TX)およびWeb Services Composite Application Framework(WS-CAF)の両仕様をサポートしたArjunaの「Web Services Transaction」インプリメンテーション。

 Webサービスの分野ではMicrosoftとIBMがWS-TX仕様を、OracleやSunがWS-CAF仕様を支持して分裂が生じているが、Arjunaはこの両方の仕様の開発に携わった企業。JEMSの中核製品としてArjunaのWeb Services Transactionインプリメンテーションを組み込むことで、両陣営の溝を埋めることができると説明している。

 また、ArjunaTSではJEMSスタックの分散型トランザクション処理機能強化を図り、金融機関や通信会社のニーズ対応を強化する。合意の一環として、ArjunaTSのクリエーターでArjunaのチーフアーキテクトを務めるマーク・リトル氏がJBoss入りする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -