ニュース
» 2005年12月15日 14時58分 公開

VoIP組み込んだWebアプリの実現に向けてドリーム・アーツとスカイウェイブが提携

ドリーム・アーツとスカイウェイブは、VoIPを活用したWebアプリケーションの開発に向けて技術提携を結んだ。

[ITmedia]

 ドリーム・アーツとスカイウェイブは12月15日、VoIPを活用した製品開発に向けて技術提携を結んだ。

 ドリーム・アーツでは企業情報ポータル(EIP)製品「INSUITE Enterprise」や協業系業務ソリューション「ひびき」を提供している。これらのWebアプリケーションにスカイウェイブのVoIP技術を連携させることで、PCのデスクトップや携帯電話から、社内サーバを介して通話を行える環境を実現し、企業の業務効率向上を支援する。

 連携ソリューションの特徴はセキュリティに配慮していること。いったんサーバにログインしてから電話帳などのアプリケーションに接続する仕組みとすることで、顧客情報の保護を図るという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -