ニュース
» 2006年01月24日 13時10分 公開

オニックスがCRMソフトをiモード対応に

オニックス・ソフトウェアはiモード端末向けの「Onyx Employee Portal Wireless(OEP Wireless)for Japan」をリリースする。対応機種はFOMAおよびmovaシリーズ。

[ITmedia]

 オニックス・ソフトウェアは「Onyx Employee Portal Wireless(OEP Wireless)for Japan」を発表、1月25日より販売を開始する。OEP Wirelessは同社のCRMスイートのモバイル向けのバージョン。モバイル端末として、FOMAおよびmovaシリーズの各iモード携帯電話をサポートする

 OEP Wireless for Japanは、iモード端末をブラウザベースのシンクライアントとしてCRMのポータルコンテンツにアクセスできるようにする日本向けの製品。得意先への通話や電子メールの発信、資料発送、商談状況の更新・見積作成などの顧客管理機能を携帯電話から実行できる。ブラウザでのデータ表示のため、端末を紛失しても顧客データが漏えいすることはない。価格は1クライアント当たり5万2000円から。

 同社によると、iモード対応のCRMソリューションに対して多くの顧客から要望があったという。このほかオフライン版、Blackberry版、Palm版、Pocket PC版といったモバイル向けのオプション製品が提供されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -