速報
» 2006年02月16日 07時50分 公開

Java新版「Mustang」のβリリース

Java SE 6ではWeb 2.0を念頭にスクリプト言語とWebサービスのサポートを強化、アプリケーション診断、管理、モニタ用のツールを拡張した。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは2月15日、Java Platform, Standard Edition 6(Java SE 6、コードネームMustang)のβリリースを発表、サイトを通じてダウンロード提供を開始した。

 Java SE 6ではWeb 2.0を念頭にスクリプト言語とWebサービスのサポートを強化、アプリケーション診断、管理、モニタ用のツールを拡張した。デスクトップ機能も強化され、Windows次期バージョンのWindows Vistaもサポートする計画。

 開発プロセスではライセンスを簡素化し、フォーラムやブログを活用してデベロッパーの参加を募り、互換性と安定性の強化を図っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ