速報
» 2006年03月10日 08時02分 公開

IBM、スーパーコンピュータの情報共有で記録達成

米ローレンスリバモア国立研究所のスーパーコンピュータ「ASC Purple」を利用して、情報アクセスと共有に関して世界記録を達成したとIBM。

[ITmedia]

 米IBMは3月9日、スーパーコンピュータプロジェクトの「Fastball」(コードネーム)で、集中的なコンピュータネットワークの情報アクセスと共有に関して画期的なパフォーマンスを達成したと発表した。

 プロジェクトでは、米ローレンスリバモア国立研究所にある世界第3位のスーパーコンピュータ「ASC Purple」を利用した。プロセッサ数千個とディスクストレージデバイス数千台の間で情報伝送を管理する特製ソフトを使い、単一のファイルへの持続的な読み込み/書き込みで毎秒102Gバイトを上回る数値を記録。ストレージコントローラ416基と、Powerプロセッサ搭載のeServer p575サーバ104ノードを組み合わせてこの世界記録を達成したとしている。

 この成果となるファイルシステムはファイルサイズが1.6ペタバイトで、現在世界で導入されている中でも最大級の高性能ファイルシステムになるという。

 今回の成果により、従来からの高性能コンピューティングアプリケーションに加え、医薬品カスタマイズ、オンラインゲーム、エンターテインメント、国土安全保障といった分野のアプリケーション開発にも弾みが付くとIBMは解説している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -