特集
» 2006年03月18日 00時00分 公開

運用管理ツールで何ができるのか:JP1に見る、運用管理で求められるもの (3/3)

[ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

JP1の製品体系

 JP1は、小規模なPCサーバ環境から大規模なブレードサーバ環境に至るまで、スケーラブルに対応できる製品構成になっている。機能は、用途に応じて以下のようなカテゴリに分類される。

統合管理
 各種プラットフォーム上の業務、ネットワーク、サーバ、アプリケーション、ストレージなどの一元管理を実現。また、システム管理者が見たいものを見たい形でグループ化して監視できるため、障害あるいはその予兆から影響範囲を予測し、障害の連鎖を未然に防止できる。

ジョブ管理
 マルチプラットフォーム上に分散する業務を1つのジョブとして実行し、管理負担を軽減する。また、サーバ数千台の大規模システムにも柔軟に対応する拡張性と、クラスタ対応による高信頼性を実現する。

ストレージ管理
 SAN環境におけるストレージシステム運用の簡素化と、企業情報システム運用とのシームレスな連携を実現。さらには、SAN環境まで含めたマルチプラットフォーム上でのバックアップ運用を大きく効率化する。24時間365日、ストレージシステムの安定運用と、確実なデータ保護を支える。

アベイラビリティ管理
 インターネットサービス、サーバなど各種機器、アプリケーションなどの稼働情報を多様な側面から収集する。これらを一元管理し、横断的に分析することで、システムの性能低下を未然に防ぐ。また、蓄積した稼働性能情報は、将来を見据えたシステム計画に活用できる。

ネットワーク管理
 業界標準のSNMPを採用し、マルチベンダーネットワーク、IPv6とIPv4の混在するインターネット環境、さらにはルータ、スイッチといったネットワーク機器を集中監視する。ビジュアルなインタフェースで、障害の予兆と障害個所を迅速かつ的確にキャッチし、ネットワークの安定稼働を維持する。

資産・配布管理
 企業のIT機器やソフトウェアなどのIT資産を効率良くセキュアに管理。棚卸しや資産管理台帳作成はもちろん、ソフトウェアの定期的なバージョンアップなども省力化でき、TCOの最適化を支援する。

セキュリティ管理
 「インターネットに潜むウイルスや不正アクセスからシステムを守りたい」「組織内部からの情報漏洩によって加害者にならないよう対策しておきたい」など、情報漏洩防止を中心に多様化するセキュリティニーズに応えるため、各種セキュリティ製品を統合管理できる運用環境をサポートする。

JP1を支える7つの管理ソリューション
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2010 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -