速報
» 2006年05月18日 08時34分 公開

SASとSun、データETLの世界記録達成を発表

SunのサーバでSASのEnterprise Data Integration Serverを使い、大量データ抽出、変換、書き出し(ETL)の世界記録を達成したと両社が発表した。

[ITmedia]

 米SASとSun Microsystemsは5月17日、SASが最近投入した「Enterprise Data Integration Server」を使い、データウェアハウスへの大量データ抽出、変換、書き出し(ETL)で世界記録を達成したと発表した。

 ベンチマークではデュアルコアのUltraSPARC IV+を搭載したSun Fire E25KサーバとSolaris 10、Sun StorEdge SAM-FS/QFSを利用し、SAS Enterprise Data Integration ServerをETLに使った場合のパフォーマンスを調べた。

 その結果、1時間で3.9Tバイト、CPU当たり毎時81.2Gバイトというスループットを実現。公表されているベンチマークとして世界記録を達成したという。

 これにより、Sun SPARCプロセッサ搭載サーバ上のSASエンジンのパフォーマンスが、他社のツールを250%以上上回る可能性があることが判明したと、両社は解説している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ