ニュース
» 2006年05月19日 07時00分 公開

無償化を断行、熾烈さを増す「仮想化サーバ」市場(1/3 ページ)

Microsoftは仮想化製品を無償化し、ゲストOSには非Windows OSのサポートを強化することで、Longhorn Serverの仮想化技術の登場まで、ユーザーのつなぎとめを図ろうとしている。仮想化サーバ市場における現在の覇者VMwareや伏兵XENを抑えて、熾烈な戦いを制することはできるか。

[Peter Pawlak,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 MicrosoftとEMC傘下のVMwareが繰り広げるサーバ仮想化市場を巡る戦いが、急速に激化している。VMwareが2006年2月に次期VMware Server製品の無償提供を発表したことを受けて、2006年2月にはMicrosoftも既にリリースされている対抗馬のVirtual Server 2005 R2を無償化することを発表した。またMicrosoftは、仮想マシン上でのゲストOSとしてのLinux利用に関するサポートの提供を発表したほか、Windows Longhorn Serverに仮想化技術が実装されるまでの暫定的なVirtual Serverのリリース予定を公表している。

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Editionを無償提供へ

 コンピュータの仮想化とは、コンピュータの物理的なハードウェアリソースを複数の独立したパーティションに分割できる特殊なハイエンドのハードウェアを必要とせずに、コンピュータの物理的なハードウェアを抽象化し、従来のOS(WindowsやLinuxなど)から切り離すことで、複数のOSを同じコンピュータ上で同時に実行できるようにする技術を指す。

 現在の仮想化技術では通常、ホストOS(コンピュータに最初にインストールされているOS)のみがハードウェアと直接通信する。その他すべてのOS(仮想化技術においてはゲストOSと呼ばれる)とゲストOS上にインストールされたアプリケーションは、CPU、メモリ、I/Oコントローラ、グラフィックアダプタ、ネットワークアダプタ、その他の周辺機器をエミュレートする仮想マシン(VM)と通信する。VMは、1台のコンピュータ上で複数を同時に実行することができる。

 サーバの仮想化は、過去3年間ほどは、開発者やテスターによってマルチサーバおよびマルチOSネットワークのシミュレーションに使われてきた。最近では、実稼働データセンターでの利用も注目されるようになってきている。データセンターでの仮想化の利用には、例えば、サーバの利用効率の向上、可用性の向上、プロビジョニングの高速化、より柔軟な運用など、さまざまなメリットがある。

 データセンターでの仮想化導入の動きは、サーバ仮想化ソフトウェア市場を過熱させてきている。また、多くのアナリストやデータセンターアーキテクトは、今後5年以内にプロダクションサーバの仮想化が一般的に行われるようになると予想している。

 MicrosoftとVMwareは、この節目の時期に十分な市場シェアを獲得して、それぞれが提供するプラットフォームに顧客やベンダーをつなぎとめるだけのデファクトスタンダードを確立することが、戦略上いかに重要であるかを理解している。仮想化技術を実装したWindows “Longhorn” Serverのリリース(2007年後半予定)までは、VMwareのハイエンド(かつ高価な)製品ESX Serverにじかに競合するようなソリューションをMicrosoftは提供できないが、Virtual Server 2005 R2は十二分にVMwareのGSX Serverに張り合うことができる。

値下げ商戦の勃発

 2005年12月に、MicrosoftはGSXを標的としてVirtual Server 2005 R2の大幅な値下げに踏み切り、Standard Editionは99ドル、Enterprise Editionは199ドルと、およそ前バージョンの1/4に価格が改定された。

 これを受けてVMwareは2006年2月に、GSXの後継製品となるVMware Serverでは、ゲストOSでの64ビットおよびマルチプロセッササポートなど、Longhornの仮想化技術をリリースしなければMicrosoftは実現できない機能を導入するだけでなく、VMware Serverを無償で提供することを発表した。同製品は現在公開β段階にあり、リリースは2006年夏の予定である。

 Microsoftはこれに応酬し、2006年4月にVirtual Server 2005 R2 Enterprise Editionの32ビット版と64ビット版の両方を無償で提供し始めた(同時にStandard Editionの提供を打ち切っている。Standard Editionは搭載CPUが4基以下のサーバにしかインストールできないという制限があったが、それ以外にEnterprise Editionとの違いはない)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ