ニュース
» 2006年08月03日 18時53分 公開

KCCS、メールを「監査」する統合ゲートウェイサービスを開始

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は8月3日、企業向けアウトソーシングサービス「BizW@lkers」において、電子メールのアーカイブやフィルタリングなどを行うサービス「メール監査ゲートウェイ」を開始した。

[ITmedia]

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は8月3日、企業向けアウトソーシングサービス「BizW@lkers」において、電子メールのアーカイブやフィルタリングを行うサービス「メール監査ゲートウェイ」を開始した。

メール監査ゲートウェイサービス

 本サービスは、企業のコンプライアンス対応で求められるメールの長期保存や検閲、メールウイルスやスパムメールの防御といった、電子メールの運用、監査で必要となる各種機能をASPサービスとして提供するもの。

 具体的には、ユーザー側のメールシステムと連携して、(1)送受信メールのアーカイブおよび(2)フィルタリング、(3)ウイルスチェック/スパムメールブロックの3つの機能をKCCSのデータセンターから実施する。(1)は、送受信メールを1カ月保存し、Webブラウザから検索・閲覧できるようにする。また、アーカイブ保存したメールを外部メディア(DVD)にも保管してユーザーに提供する。(2)では、リアルタイムでメールを検査、ユーザーが設定した処理ルールに基づいて、自動的に保留・削除などを行う機能を提供する。また(3)は、データセンターの専用機器を使って外部との送受信メールのウイルスチェックやスパムメールのブロック処理を行う。

 既存のメールシステム以外にも、BizW@lkersで提供するメールASPサービス「エンタープライズメール」と併用すれば、メールシステム全般の管理/監視にかかわるコストや負荷を軽減することができる。

 メール監査ゲートウェイの月額利用料は、税込で6万円(100ID)から。初期登録料が別途必要となる。アーカイブ容量は10GBで、オプションで容量を追加することもできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -