ニュース
» 2006年08月19日 07時25分 公開

Windows Vistaのβ版にも月例パッチを提供

β版の時点でのセキュリティサポートは、Microsoftの主な製品ではVistaが初めてとなる。

[ITmedia]

 米Microsoftでは、2007年1月に発売を予定しているWindows Vistaについて、β版にもセキュリティアップデートを提供していくという。同社のオフィシャルブログで明らかになった。

 同社が公開した8月の月例パッチには、Windows関連で7件の「緊急」レベルアップデートがあったが、そのうち「MS06-042」、「MS06-051」の2件がWindows Vistaのβ版(Beta 2以降)にも影響するという。MS06-042はブラウザInternet Explorerに関するもので、再発行が予定されている。

 同ブログでは、Windows Vistaのβ版への今後のセキュリティアップデート提供方針を紹介している。これによると、Vistaに関連するアップデートは、まずWindows Updateでリリースされ、Microsoft Download Centerでダウンロードが可能になるという。こうしたアップデートはなるべく早く提供する予定だが、優先順は既に発売されているWindows(Windows XPなど)が先になる。また、Vista正式版の販売開始以降はβ版へのサポートは行わない。

 β版の時点でのセキュリティサポートは、Microsoftの主な製品ではVistaが初めてとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -