ニュース
» 2006年08月30日 07時00分 公開

VistaはMSDEをサポートせず――影響するシステム数は膨大に?(2/2 ページ)

[Greg DeMichillie,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版
前のページへ 1|2       

 Microsoftを含む多くのソフトウェアベンダーがアプリケーションにMSDEを組み込んでいる。こうしたベンダーは、それらのアプリケーションをVistaやLonghorn Serverに対応させるためには、MSDEではなくSQL Server 2005 Express Editionを使用するようにそれらのアプリケーションを変更しなければならない。Microsoftは自社のアプリケーション用にパッチを提供するとしているが、パッチが必要になるアプリケーションを網羅したリストをまだ用意していない。

 VistaやLonghorn Serverにアップグレードしたいと考えるITマネジャーは、MSDEや、MSDEに依存するアプリケーションが導入されたコンピュータをあらかじめすべて特定しなければならない。2003年にSQL Slammerワーム(SQL ServerとMSDEを標的としていた)が発生した際に明らかになったように、そうしたシステムは膨大な数に上る可能性がある。多くのユーザーは、AccessやVisioの一部の場合などアプリケーションの多くや、各種の開発ツールとともにMSDEがインストールされる可能性があることを認識していなかった。Microsoftは、MSDEのインスタンスを特定するための専用ツールを提供していないが、Baseline Security Analyzerなど多くのセキュリティツールが、影響のあるシステムの特定に利用できる。

 MSDEをSQL Server 2005 Expressにアップグレードすることは可能だが、そのプロセスは複雑であり、Systems Management Server(SMS)などのツールを使っても、自動化するのは難しい。また、MSDEを使用するアプリケーションも、この古いエンジンではなく新しいエンジンを使用するようにアップデートする必要がある。社内で開発したアプリケーションの場合は、ITマネジャーは直接アップデートできるが、Microsoftや他社のアプリケーションの場合は、ベンダーに連絡して必要なパッチを入手しなければならない。

前のページへ 1|2       

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ