ニュース
» 2006年09月07日 18時43分 公開

Microsoft、動的言語「IronPython 1.0」をリリース (2/2)

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK
前のページへ 1|2       

 さらにMicrosoftは9月5日、同社のWebデザインツール「Expression Web Designer」の名称を「Expression Web」というシンプルなものに変更するとともに、この技術をCTP(Community Technology Preview)状態からβリリースの段階に移行させた。

 同製品のβ版は、「Microsoft Expression」Webサイトから無償でダウンロードできる。これは、去る5月に最初のCTPがリリースされて以来、Expression Webの2回目のプレビューリリースとなるもの。

 Expression Webの特徴としては、CSS(Cascading Style Sheet)ベースの洗練されたレイアウト機能、各種標準への準拠、「ASP.NET 2.0」サーバ技術などがある。また、今回のβリリースでは、FrontPage Server Extensionsに依存する一部の機能が削除された。Microsoftによると、これは、Expression Webをプロ向きの本格的なWebデザインツールに仕上げるという目標に向けた大きなステップとなるものだという(関連記事)。

 また、Microsoftは9月1日、「.NET Framework 3.0」の新しいリリース候補版には、「Windows Presentation Foundation」(旧称は「Avalon」)、「Windows Communications Foundation」(旧称は「Indigo」)、「Windows Workflow Foundation」、「CardSpace」(旧称は「InfoCard」)および「.NET Framework 2.0」の各技術のアップデートコンポーネントが含まれると発表した。今回のリリース候補版は、Vista、Windows XP Service Pack 2およびWindows Server 2003 Service Pack 1上で動作する。

前のページへ 1|2       

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -