ニュース
» 2006年10月05日 07時00分 公開

InfoPathはなぜ苦戦したのか?――新バージョンが目指すもの (1/3)

InfoPath 2007ではSharePointとの連携の強化やVisual Studioとの統合の改善が図られ、企業内開発者にとって同製品はこれまでよりも魅力的な製品となりそうだ。だが、同製品は今後も、フォームベースのアプリケーションを開発するための多数の選択肢の1つに留まるだろう。

[Greg DeMichillie,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftのフォーム作成ソフトウェアの新版「InfoPath 2007」では、Visual StudioやSharePointとの連携が強化され、ブラウザベースのフォームもサポートされるため、企業内開発者にとっては、これまでよりも魅力的な製品となりそうだ。

 これまで、InfoPathがXMLやそのほかの関連文書フォーマットをサポートする点に魅力を感じながらも、Visual Studioなど、Microsoftの主要な開発者向け技術のサポートが不十分であることから、InfoPathに手を出さずにきた開発者も、新版には心を惹かれるだろう。たが、InfoPathは今後も、フォームベースのアプリケーションを開発するための多数の選択肢の1つに留まるだろう。

バージョン2003は目標に達せず

 InfoPathは、フォームとその付随データを記述するための主要な方法としてXMLを用いた電子フォームを設計/入力するためのツールだ。同製品は使い慣れたOfficeライクなインタフェースを提供し、オフラインでのデータ入力をサポートする。オフラインでのデータ入力は、Webベースのフォームでは不可能だ。フォーム設計者はInfoPathを使えば、コードやスクリプトを書かずとも、ユーザーの入力内容の検証など、さまざまなカスタマイズタスクを実行できる。

 ただし、InfoPathはOffice 2003のコンポーネントとして大々的に発表されたにもかかわらず、Microsoftが望んだほどの人気を博するには至っていない。その理由としては、以下のような点が考えられる。

開発者ではなく、インフォメーションワーカーにフォーカスが置かれている
 MicrosoftはInfoPathを「オフィスワーカーが自分のフォームを設計するために用いるツール」と位置付けた。ほとんどすべてのインフォメーションワーカーはフォーム(電子フォームであれ、紙のフォームであれ)を使い慣れているが、電子フォームの設計はどちらかと言えばプログラミングのような作業だ。なぜなら、設計者は「データがバックエンドシステムでどのように表示されるか」といった問題を考慮しなければならないからだ。

 またInfoPathは、かなり使い勝手の良いフォームデザイナーになってはいるものの、XMLの土台となるコードは表示されたままだ。大半のインフォメーションワーカーは、XMLについて少しは知識を持っているにしても、それほど詳しい知識は持ち合わせていないはずだ。

開発者プラットフォームと調和していない
 InfoPathは当初、インフォメーションワーカーをターゲットに据えていたが、XMLを強力にサポートする点が、一部のIT開発者の注目も集めた。だが、そうした開発者は、同製品がVisual Studioや.NET FrameworkといったMicrosoftの主要な開発者向け製品をサポートしていないことを知り、落胆した。

 例えば、多くのInfoPathフォームは開発者がフォーム固有のコードを記述しなくてもカスタマイズできるが、カスタムコードが必要とされる場合、開発者は当初、JScriptやVBScriptなどのスクリプティング言語やCOMをベースとする旧式のプログラミング技術を使わなければならなかった。

 一方で、Microsoftの開発者部門は開発者に対し、.NET Frameworkのほか、C#やVB.NETなどの言語への移行を強く奨励していた。.NET Frameworkと対応言語のサポートは、2004年にInfoPath 2003 SP1がリリースされるまでは提供されなかった。

フォームの設計と使用にはInfoPathが必要
 おそらくInfoPathにとって最も大きな制限事項は、ユーザーがフォームに入力するためには自分のシステムにInfoPathをインストールしておく必要があった点だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -