ニュース
» 2006年11月17日 07時37分 公開

Windows PowerShellが正式リリース

cmd.exeに替わる新しいスクリプティングシェル「Windows PowerShell」(コードネームはMonad)が正式に発表された。

[ITmedia]

 米Microsoftは、スペインのバルセロナで開催のIT Forum初日となる11月14日、新しいコマンドラインシェルおよびスクリプティング言語「Windows PowerShell 1.0」のリリースを発表した。

 MicrosoftではPowerShellを、「コマンドプロンプト(cmd.exe)とVBScriptを統合したようなツール」と説明している。Windowsシステムとその上で動作するExchange Server 2007などの製品の管理性を高める目的で開発されたツールで、システム管理タスクの自動化に使われる。

 PowerShell 1.0は現在、Windows XPとWindows Server 2003に対応しており、Windows VistaおよびWindows Server “Longhorn”対応版についてはRC2(リリース候補第2版)が提供されている(VistaとLonghornのビルド5600にのみ対応)。いずれも無料でダウンロードできる。

 PowerShellでは、get-process、stop-service、get-wmiobjectなど、動詞と目的語を組み合わせた「Cmdlet」(コマンドレット)を130以上提供。コマンド実行前に結果を確かめるための「Wahtif」機能などを備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -