ニュース
» 2006年11月24日 16時39分 公開

ソフォス、Windows Vista対応のセキュリティ脅威対策ソフトを発売

ソフォスは、Windows Vistaに対応したセキュリティ脅威対策ソフト「Sophos Anti-Virus for Windows Version 6.5」を発売した。

[ITmedia]

 ソフォスは11月24日、Windows Vista対応のセキュリティ脅威対策ソフト「Sophos Anti-Virus for Windows Version 6.5」を発売した。

 新製品は、Vista環境でのウイルス、スパイウェア、アドウェア、PUA(業務に不必要とされるアプリケーション)の検知や駆除、管理する機能を搭載する。このほか、IMやP2Pなどのアプリケーションコントロール機能、マルウェアの動作を予見して実行を阻止する「Behavioral Genotype Protection」機能、Sophos Anti-Virusの一括インストールや環境設定などを管理する「Enterprise Console」機能などを搭載する。

 価格は応相談で、100ユーザー導入時の参考価格は、1ユーザー当たり1年間のライセンスで3980円。なお、Version 6.0のユーザーは無償で自動的にVersion 6.5へアップデートされる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -