ニュース
» 2006年12月12日 18時47分 公開

EMC、全世界のストレージソフト市場でのリードを拡大

ストレージ市場におけるEMCは磐石の態勢を誇るが、このところNetAppとIBMも急成長を見せている。同市場はこの3年間、非常に順調に成長し、特にレプリケーション分野とアーカイビング分野の伸びが著しいという。

[Chris Preimesberger,eWEEK]
eWEEK

 市場調査会社のIDCが12月11日に公表した調査結果によると、EMCは全世界のストレージソフトウェア市場で安定リードを維持しており、Symantecが第2位につけている。

 しかし3位のIBMと4位のNetAppが急速にシェアを拡大している。NetAppの売り上げは1年前と比べて61%という驚異的な伸びを示し、IBMも前年同期比で39%の成長を記録した。

 ストレージソフトウェア市場全体でのIBMのシェアは12.3%で、NetAppのシェアは9.4%となっている。

 マサチューセッツ州ホプキントンに本社を置くEMCは、2005年7〜9月期と比べて10.3%増の6億9900万ドルの売り上げを記録し、28.6%の市場シェアを確保した。

 しかしカリフォルニア州クパティーノを本拠とするSymantec/Veritas(市場シェアは17.6%)は、前年同期比でわずか1.4%という伸びにとどまった(売上高は4億3300万ドル)。

 2005年にVeritasを買収したSymantecの1年前の市場シェアは19.2%だった。

 IDCによると、ニューヨーク州アーモンクを本社とするIBMの7〜9月期のストレージソフトウェアの売り上げは3億100万ドルで、カリフォルニア州サニーベールに本社を置くNetAppの売り上げは2億3100万ドルだった。

 ITインフラ企業であるEMCの広報担当者によると、同社のソフトウェア収入総額は30億ドルを突破し、CA(旧Computer Associates)を抜いて世界第6位のソフトウェアプロバイダーになった。

 CAのこの1年間のソフトウェア収入は29億ドルだった。

 全世界のストレージソフトウェア市場は12四半期連続で前年同期の売り上げを上回り、2006年7〜9月期は前年同期比で10.7%増の25億ドルを記録した。

 IDCのレポート「Worldwide Quarterly Storage Software Tracker」によると、ストレージレプリケーション技術が再びストレージ分野の成長を促す主要な要因となった。

 IDCでストレージソフトウェアを担当するリサーチマネジャー、ローダ・フィリップス氏は、「ストレージソフトウェア市場はこの3年間、非常に順調に成長し、レプリケーション分野とアーカイビング分野が大きな原動力となっている」と述べている。

 「企業はデータ保持に対する要求と事業継続性のニーズ、ならびにストレージの統合・移行問題を重視しているため、IDCでは今後もストレージ市場の拡大傾向が続くと予想している」(同氏)

 ストレージソフトウェア市場で最大の分野の1つであるストレージレプリケーション市場は、2006年7〜9月期に前年同期比で22.5%の成長を示した。一方、規模は小さいながらも急成長中のアーカイブ/HSM(階層型ストレージ管理)市場は前年同期比で30.8%という伸び率を記録した。

IDCの調査に基づくストレージソフトウェア市場の6大ベンダー
企業名 2006年7〜9月期の売上高 市場シェア
1位 EMC 6億9900万ドル 28.5%
2位 Symantec 4億3300万ドル 17.6%
3位 IBM 3億100万ドル 12.3%
4位 NetApp 2億3100万ドル 9.4%
5位 CA 1億3000万ドル 5.3%
6位 Hewlett-Packard 1億1900万ドル 4.9%
そのほか 5億4300万ドル 22.1%
合計 24億5400万ドル 100%

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ