ニュース
» 2007年01月25日 09時00分 公開

IT導入特選事例:株式会社ビッグイーツ:「ドーナッツとケータイと私」――新旧顧客両方を増やす携帯サイト構築 (1/3)

「携帯サイトを作って若い顧客を取り込みたい」。一般消費者向けに商品を販売している企業が一度は考える戦略である。しかし実際には簡単なことではない。専任の人的リソースを確保する余裕のない場合はなおさらだ。こうした課題をクリアして店舗に顧客を呼び込むことに成功した事例を紹介する。

[アイティセレクト]

導入前の課題

ホームページでの情報発信を行っていたが、主要顧客である30代から上の年齢層の女性には、あまり伝わっていなかった。もっとファンを増やすためにも、新しい情報発信が必要になっていた。


導入後の効果

メルマガの登録者数も予想以上の数に達し、店の認知度も着実に高まり、新規の顧客も増え続けている。今後、ECサイトの立ち上げ、新業態の店への顧客の誘導にもつなげていくことができる。


 「ご来店いただいたお客様に、“今日1日ちょっと得した気分”ささやかでもそんな気持ちになれる『食』を提供出来るお店を作り続けたい」――。そんなポリシーを掲げ、イベントカフェ「丸の内カフェ ease」とドーナッツ・ショップ「DOUGHNUT PLANT(ドーナッツプラント)」を展開しているのが、設立5年目の若き企業、ビッグイーツである。

 「丸の内カフェ ease」は、丸ビルの1階にあり、さまざまなイベントを通じて丸の内スタイルの情報を発信し、高い人気を得ている。「DOUGHNUT PLANT」は、ナチュラル&ハンドメイドにこだわり、ニューヨークで大人気となっているドーナッツ・メーカーであり、ビッグイーツは03年にライセンス契約を締結し、事業展開をしているのである。店舗としては、04年5月にオープンした白金台店を第1号店として、これまでに都内と横浜(1店舗)に10店舗ほどを展開している。

女性への新たな情報発信を狙う

 同社では当初、購買層は20代の若い女性が中心になるという読みのもと、ドーナッツプラントの展開に合わせてホームページを立ち上げていた。ところが実際は、30代以上の女性からも支持を受けており、年齢層がかなり上の方まで広がっていたのだ。と言うのも、ドーナッツそのものが「手作り・自然素材・卵不使用」にこだわった身体にやさしいものであり、価格も一般的なドーナッツよりは高く設定されていたからである。

 予想以上にターゲットにできるコア顧客層が広いということは、うれしい誤算というべきである。本場ニューヨークからやってきたというイメージも幸いしたという。ドーナッツプラントのドーナッツは日本で普通によく見かけるものより1.5倍ほど大きい。同社では最初日本人向けに小さめのサイズを用意したというが、売れ行きは本場と同じものの方がはるかに好調だったという。

 「それだけ年齢層が幅広くなっているのであれば、パソコンだけの情報発信で本当に十分であると言えるのだろうか、と考え直さざるを得なくなりました」と語るのは管理部業務推進担当ゼネラルマネージャー、阿部了一氏である。同社では昨年12月、パッケージングされたドーナッツやベーグル、さらにはトートバッグなどを販売するECサイトを新たにオープンした。もちろん、主たるターゲットは女性であり、それを成功させるためには、今まで以上に的確な情報発信が必要だった。

 「女性は何を使って情報を得ているのかと言うと、パソコンよりも携帯電話を使うことが多いはずだと考えました。特に仕事帰りや昼間ちょっとした立ち寄り場所を探すのには、自宅のパソコンよりも携帯電話というケースが一般的だと」と阿部氏は分析する。まさに「ドーナッツとケータイと私(顧客)」という3者が日常の中で密接な関係があるということを無視できなくなっていた。

 「だとしたら、お客様のためにも携帯電話で情報を見られるようにしてあげた方がいいのではないか、ということで、新たに立ち上げることにしたのがモバイルのサイトでした」。とはいえ、そのためにスタッフを増やすことはできないし、コストもできる限り抑えたい。しかも、そんなに時間を掛けている余裕もない。そうした厳しい条件の下で検討した結果、導入することにしたのが、携帯サイト簡単構築ツール「MobileController(モバイルコントローラー)」だった。

 これは、本文の入力、画像の貼り付け、リンクの設定などがWebブラウザ上で簡単にでき、しかもマスターを一つ作るだけで3つのキャリアに対応した携帯サイトができ上がるというものである。阿部氏も「とにかく分かり易くて、直感的にできるし、テンプレートなどのカスタマイズや、画像を入れるのも本当に簡単ですから、私でも大丈夫です。それに、コストもあまり気にならない程度で済むところが、非常に魅力的でした」と賛辞を惜しまない。

ビッグイーツ 阿部了一氏
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2010 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -