ニュース
» 2007年03月09日 17時04分 公開

日本通信とグローバルソリューションが提携、VPNへのワイヤレス接続が可能に

MVNOの日本通信は3月9日、丸紅グループのネットワークサービスプロバイダーのグローバルソリューションとパートナー契約を結んだ。

[ITmedia]

 MVNO(仮想移動体通信事業者)の日本通信は3月9日、丸紅グループの通信/iDC/ASPサービスプロバイダーのグローバルソリューションとパートナー契約を結んだと発表した。これにより、グローバルソリューションの自営網への足回りに無線データ通信が利用できるようになる。

 日本通信は無線データ統合サービスとして「Infinity Care」を展開。またグローバルソリューションは、企業向けに同社の閉域網によるVPN(仮想閉域網)/インターネットVPNサービス「VECTANT クローズドIPネットワーク Smart」「VECTANT インターネットVPN Type-R」などを提供している。現在、VPNアクセス回線としてNTTフレッツのほかADSL、ISDN、イーサネット専用線が提供されているが、今回の日本通信とのパートナー契約により、アクセス回線メニューにモバイル用の無線データ通信が加わることになる。

 VECTANTの回線コストを除いたサービス料金は、クローズドIPネットワーク Smartが1拠点月額9800円から、インターネットVPN Type-Rが1拠点月額8200円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ