ニュース
» 2007年04月19日 20時42分 公開

CTCとKDDI、無線LAN対応携帯電話を活用したIP電話サービスで協業へ

KDDIと伊藤忠テクノソリューションズは、無線LANとau携帯電話網に対応した企業向け無線IP電話サービスを共同展開する。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とKDDIは4月19日、無線LANと携帯電話網に対応するIP携帯電話端末を利用する「FMC」の企業向けサービスで協業すると発表した。大規模企業向けのサービスを7月から開始する。

 2社が提供するサービスでは、KDDIの法人専用端末「E02SA」を用いて、社内は無線LAN対応のモバイルIP内線電話として、社外では通常のau携帯電話として利用できるようになる。両ネットワークを1台の端末で利用できるため、効率的な企業ネットワークを構築できるという。

サービス概要

 CTCは、2006年7月から米Cisco Systemsの呼制御ソフトウェア「Cisco Unified Communications Manager」とネクストジェンSIP-Proxyサーバ「NX-E1000」、Aruba Networksのモビリティ・コントローラ、アクセスポイントによる独自の企業向け無線IP電話サービスを提供している。

 今回の提携に先立ち、CTCは250台規模のE02SA端末を導入して自社のサービスに組み込み、約20%のシステムコストを削減できたとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -