ニュース
» 2007年04月19日 20時50分 公開

日立ビジネスとGMOホスティング&セキュリティがテレワーク事業で協業

日立ビジネスとGMOホスティング&セキュリティは、社外業務や在宅勤務を円滑に行うための中小企業向けサービスを始めた。

[ITmedia]

 日立ビジネスソリューションとGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は4月19日、中小企業やSOHO事業者を対象とした「モバイルワーク・テレワークマーケット市場の開拓」を目的に業務提携を行った。

 今回の提携は、柔軟に勤務環境の導入によって生産性の向上を目指す中小企業やSOHO事業者を対象に、2社が共同でサービスを展開する。第一弾として、4月19日から日立ビジネスのリモートアクセスサービス「お手軽リモートアクセス」の販売を、GMO-HSのWebサイトを通じて開始した。

 2社では今後、シンクライアントやネットワークセキュリティ、盗聴防止、なりすましによる不正侵入の防止を軸に、安全なモバイル環境や在宅勤務環境の実現に向けたサービスを展開するという。

 GMO-HSが販売するお手軽リモートアクセスの利用料金は、1ユーザーの場合で初年度導入費用が25万2210円(税込み)、年間利用料が6万3000円(同)。このほかにボリュームディスカウントを適用する「10ユーザパック」「25ユーザパック」もある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -