ニュース
» 2007年06月01日 12時26分 公開

Fedora 7リリース

Fedora 7にはカスタムディストリビューションを作成できる新しいビルド機能が追加されている。

[ITmedia]

 Fedora Projectは5月31日、最新版Linuxディストリビューション「Fedora 7」をリリースした。

 この最新版は、初の100%オープンソースのアプライアンス開発プラットフォームという。カスタムディストリビューションを作成できる新しいビルド機能が追加されており、個人のニーズに合わせたアプライアンスの構築が大幅に容易になると同プロジェクトは述べている。この機能をCD、DVD、USBと組み合わせると、Fedoraをさまざまな形のブータブルメディアにロードでき、ユーザーがHDDにインストールせずにOSを実行できるようになる。

 またFedora 7はXenに加えて、カーネルベース仮想マシン(KVM)と仮想化技術Qemuを備える。

 これまでのFedoraは、Red Hat社員がFedora Coreをメンテナンスし、コミュニティーメンバーがFedora Extraをメンテナンスしていた。だがFedora 7にはこのような区別はなく、Red Hat社員もコミュニティーメンバーも単一のFedoraリポジトリを利用できる。

 Fedora 7はFedora Projectのサイトからダウンロードできる。

関連キーワード

Linux | オープンソース | Red Hat | Fedora


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ