ニュース
» 2007年07月03日 08時24分 公開

IBM、フランスに原子力発電関連のサービス拠点を設立へ

IBMは世界の原子力発電業者に向けたサービス提供を、「原子力先進国」のフランスを拠点として行っていく。

[ITmedia]

 米IBMは7月2日、世界中の原子力発電業界に対し、ITシステム設計やコンサルティングサービスを提供する拠点として、フランスに「Global Center of Excellence for Nuclear Power」を設立すると発表した。

 IBMでは、2006年のMRO SoftwareFileNetの買収を通じ、原子力発電業者向け事業の強化を進めている。環境を保護しつつグローバルなエネルギー需要に沿うためには、原子力や再生可能エネルギーなどの「多様なエネルギーポートフォリオが重要」とみており、同センターの設立は長期的ビジョンに沿うものだとコメント。二酸化炭素などの放出抑制を目指し、各国で原子力発電が注目を浴びる中での「タイムリーな設立」だとしている。

 フランスでは、エネルギー供給の80%を原子力が占めており、原子力関連の事業や研究も盛んだという。センターは、国際熱核融合実験炉(ITER)の近くに設立される。

関連キーワード

エコロジー | IBM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -