ニュース
» 2007年07月03日 19時00分 公開

「サイボウズ Office 6 for ASP」と議事録ツールが連携、フィードパスとサルガッソー

ASP型グループウェア「サイボウズ Office 6 for ASP」を提供するフィードパスと、会議用議事録ツール「Sargasso XM」を提供するサルガッソーは、両ツール連携のための業務提携を発表した。

[ITmedia]

 フィードパスとサルガッソーは7月3日、両社が提供するグループウェア「サイボウズ Office 6 for ASP」と会議用議事録ツール「Sargasso eXtreme Meeting(Sargasso XM)」を連携したサービスの提供で業務提携したことを明らかにした。

 この提携により、サイボウズ Office 6 for ASPのメニューからSargasso XMが利用可能となる。Sargasso XMは、議事録を作成する議事録エディタと、プロジェクトやToDoを管理するグループウェアから構成される。ソフトウェアの開発手法としてXP(eXtreme Programming)が存在するが、会議を中心にプロジェクト全体を生産的なものにするための手法を「eXtreme Meeting」(XM)と定義(関連リンク参照)、議事録作成を中心に会議を進行する「議事録ドリブン」という概念を取り入れたソフトウェアとなっている。

 フィードパスによると、連携は「表層段階」「データの参照」「データ単位」の3段階を想定しているという。今回はアプリケーションのメニューにSargasso XMのスタートボタンを設置するという表層の連携にとどまった。今後はユーザーのニーズに合わせて、シングルサインオンやToDoリストの組み込みなどを順次行うという。

 価格はサイボウズ Office 6 for ASPが1アカウント当たり月額1500円、Sargasso XMは1アカウント当たり初期費用が9800円、年額7200円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -