ニュース
» 2007年07月05日 14時03分 公開

デルとインテル、野村総研がOSS検証センターを開設

デルとインテル、野村総研はオープンソースソフトの検証センターをインテル東京本社内に開設した。

[ITmedia]

 デルとインテル、野村総合研究所は7月5日、IAサーバとオープンソースソフトウェア(OSS)の検証を共同で行うセンターをインテル東京本社(千代田区)に開設し、同日から運営を開始した。

 OSS検証センターでは、OSSの導入や活用について不安を持つ情報システム部門や開発部門の課題を解決するため、IAサーバとOSSの信頼性や可用性、実用性について検証を行い、結果の公開と導入に関するコンサルティングサービスを提供する。

 デルがセンターの運営とサーバ、ストレージ機器の提供、OSSコミュニティーとの連携を行うほか、インテルが施設スペースやコンパイラを使った解析メニュー、デュアルコアCPUおよびクアッドコアCPUの技術情報の提供を行う。また野村総研が無償OSおよびOSSミドルウェアに関する検証とコンサルティング、技術サポートを担当する。

 当初は、IAサーバにおけるCentOSやFedora、Debian、FreeBSD、Solarisなどの動作検証、オープンソースデータベースとミドルウェアの高可用性、OpenLDAPを中心としたディレクトリ連携、Linuxベースのクラスタソリューションについて、それぞれ検証を行い、結果を順次公開していく。

 3社ではOSSソリューションに関するマーケティング活動も共同展開し、メインフレームやUNIXからOSS、IAサーバへの利用拡大を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -