特集
» 2007年07月13日 06時54分 公開

マネジャーの教科書:ITプロジェクトの成否は組織変革のための計画にかかっている (1/3)

失敗するはずがないはずのIT改善プロジェクトが「失敗するはずはなかった」という碑文が書かれた墓の下に埋まることは少なくない。ITプロジェクトを行う際には、ここで紹介する10個のポイントを押さえるようにしよう。

[Ken-Myers、Ron-Pierce、Tim-Strominger,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 普通に考えて、あなたが計画したITプロジェクトは組織に多大な価値をもたらすものだとあなたは思っていることだろう。しかもその計画は経営陣が全面的に承認したものなのだ。失敗するはずがない! ――しかし残念ながら、そのように価値のあるIT改善プロジェクトが「失敗するはずはなかった」という碑文が書かれた墓の下に埋まることは少なくない。ITプロジェクトを行う際には、ITプロジェクトを組織変革計画だと考え、以下のような10個のポイントを押さえるようにしよう。

「人的影響」の確認を怠らない

 あらゆるITプロジェクトにおいて最も重要な点は、ITプロジェクトが通常、仕事に使われる「技術」についてだけでなく、「人々の働き方」についても何らかの変化をもたらすということだ。言い換えると、ITプロジェクトによって影響を受ける人々がそのことを認識し、受け入れ、導入される新技術を利用するための教育を受けるということを徹底しなければならないことを意味する。例えば情報の扱い方が変化することにともなって有力なマネジャーの政治的な立場も変えてしまうようなITプロジェクトがあるかもしれない。あるいは計画されているアップグレードが、長年の間に構築された仕事上の慣習や組織のやり方と相容れないものである可能性もある。経営陣に承認されていることはプロジェクトの成功を十分に保証するものではなく、プロジェクトの影響を受ける可能性のある人々のことを十分に考慮しなければ、抵抗されたり完全な失敗に終わる可能性は必ず高くなる。

信用を築く

 ITプロジェクトの成功率は、プロジェクトリーダーの信用によって大きく高まる。信用は、組織内での地位、技術力、過去の業績、定評のある政治的なネットワークの信頼されているメンバーであることなど、さまざまな理由から生まれる。IT変革プロジェクトのリーダーを選ぶ基準として、組織内でどれほど信用されているかという点が重視されることも多い。従って、日ごろからIT変革/改善プロジェクトのリーダーになることのできる人物としてのあなた自身の信用を高めておくことが賢明だ。なおあなたの信用をさらに強化する手段として、より信用の高い、組織全体の中でも優秀な人物(年長者であることが多い)の支持を得ることにより、プロジェクトの影響を受ける人々から支持を得てプロジェクトの遂行に大いに役立つことも多い。

明確な計画表を作成する

 プロジェクトを成功させるためには、「誰が、何を、いつ、どこで、どのように、なぜ」と「コスト」とを列挙した詳細な計画表を作成しよう。またその計画表には、プロジェクトとほかのシステムやプロセスとの相互運用についてもしっかりと詳細に記述しておく。さらに計画の一部を最初に実行するときには不測の事態に備えておくことも重要だ。計画表の詳細は、具体的で現実的なものにしよう。計画表では、技術的な面での実現だけでなく、前述したような人的な問題についても扱うようにしよう。また「支援勢力と抵抗勢力」とそれぞれのための対応を明確にして計画表には含めておくと便利なことが多い。支援勢力とは、計画の成功を支援してくれそうな事柄や人々のことであり、抵抗勢力はその反対だ。計画表にはさらに、支援勢力を増加させる方法と抵抗勢力を減少させる方法を含めておく必要がある。この計画表は、変革のためのロードマップであり、必要な承認を得るために上司に見せることもできる。また、プロセス上重要なほかの人々に概略を説明したりするためのツールとしても使用することができる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -