ニュース
» 2007年07月17日 19時13分 公開

NECの無線APなどに不具合、無償交換へ

NECは、無線LAN製品で動作が停止するなどの不具合があるとして、機器の無償交換を実施する。

[ITmedia]

 NECは7月17日、同社が2003年12月〜2006年6月に出荷した無線LAN機器に不具合があり、製品を無償で交換することを発表した。対象となるのは、NECアクセステクニカ製の無線LANアクセスポイント(AP)「AtermWL5400AP」およびイーサネット接続型無線LAN子機「AtermWL54TE」と、それらを含むセット製品。一部部品の不良により動作が停止、場合によっては煙が発生することもあるという。

画像 AtermWL5400AP(左)とAterm WL54TE(右)

 今回、不具合が見つかったAtermWL5400APおよびAtermWL54TEは、いずれもIEEE 802.11a/b/gに対応する無線LAN機器。同社によると、機器内で使用する電機部品の一部で経年劣化が早く進行し、電圧が不安定な状態になった結果、動作が停止してしまう症状が起きる。また、動作停止時に、ごくまれに微少の煙が発生することがあるという。ただし、難燃性素材のため発火や火災に至ったり、煙が人体に悪影響を与える可能性はないとしている。

 同社ではメールなどを通じてユーザーへの告知を実施するとともに、オンラインと電話(0120-043344、土日を含む)による専用の問い合わせ/機器交換窓口を設置、製品の交換を受け付ける。機器の引き取りおよび交換用機器の配送は無償で行う。

 なお、同製品をレンタルするKDDI、ソフトバンクテレコム、NECビッグローブのISP各社からも同様の受付を行う。

 AtermWL5400APおよびAtermWL54TEの合計出荷台数は約14万8000台。現在は両製品とも製造は終了している。

関連キーワード

IEEE | NEC(日本電気) | 無線LAN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -