ニュース
» 2007年07月23日 20時46分 公開

ポリコム、多地点ビデオ会議のハウジングサービスを開始

ポリコムジャパンは、NTTコミュニケーションズのデータセンターを利用したビデオ会議サーバのハウジング/保守サービスを7月下旬より開始する。

[ITmedia]

 ポリコムジャパンは7月23日、ユーザーの多地点ビデオ会議システムをデータセンターに収容して、保守運用する「ポリコム多地点接続サーバー ハウジング&保守サービス」を発表した。データセンターのインフラに、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の施設/サービスを利用する。サービスは7月下旬より販売開始予定。

 ハウジング&保守サービスでは、ユーザーがビデオ会議システムで利用するポリコムの多地点接続サーバをNTT Comのデータセンター内にハウジングして、必要な保守を行う。NTT Comの「統合VPN」上のアプリケーション接続サービスを利用するため、ユーザーはセキュリティと事業継続性を確保しながら、運用を自前で行う場合に比べて負担を軽減できる。ポリコムは、契約ユーザー専用のコールセンターを設置、多地点接続サーバのリモートモニタリングやオンサイトサポート、交換品の発送などの保守サービスを行う。

 ビデオ会議サーバで利用する3つの帯域幅(10/15/20Mbps)から選択するサービス体系で、価格は契約内容による。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -