ニュース
» 2007年07月31日 15時43分 公開

インフォテリア、「ASTERIAテクニカルパートナー」をスタート

インフォテリアは、同社のEAIソフト「ASTERIA」を活用したシステム開発を行う企業向けパートナー制度を開始した。

[ITmedia]

 インフォテリアは7月31日、同社のEAI(Enterprise Application Integration)ソフト「ASTERIA」を活用したシステム開発を行う企業向けパートナー制度を開始した。

 「ASTERIAテクニカルパートナー」(ATP)は、ASTERIAの接続機能のシステム開発技術を持ち、ASTERIA販売代理店が受注した案件や、ASTERIA連携製品群「@WARP」の接続部分の開発を行う契約企業。第1弾として、グリーンシステム、情報技術開発、鈴与シンワートなど、7社とパートナー契約した。

 インフォテリアでは、ATPの活動開始により、ASTERIAの販売体制から、提案、開発、導入、サポートまでを一貫して提供できるようになったとしている。

 当初ATP契約した7社は、グリーンシステム情報技術開発鈴与シンワートソリストテクニカルソフトウェアパシフィックシステムユー・システム・クリエイションとなっている。

関連キーワード

EAI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ