ニュース
» 2007年09月06日 07時45分 公開

IBM、X4チップセット搭載の「仮想化済み」新サーバ発表へ

IntelのCoreアーキテクチャを採用した第4世代チップセット「X4」を搭載した「System x3950 M2」を近くリリースする。

[ITmedia]

 米IBMは9月5日、Intelの最新クアッドコアXeonプロセッサに対応したサーバ向け新アーキテクチャ「X4」のプレビューを行った。これは同社のx86サーバ向け第4世代チップセット技術で、「System x3950 M2」サーバに搭載する予定という。

 新サーバでは容量4GバイトのUSBフラッシュストレージデバイスに仮想化ソフトが最初から組み込まれているため、仮想化ソフトをインストールしたり、設定したりする必要がないという。また、1台のシャーシに従来機の4倍のメモリを搭載可能。

関連キーワード

IBM | サーバ | 仮想化 | Intel | Xeon | クアッドコア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ