ニュース
» 2007年09月18日 17時58分 公開

Mozilla、コミュニケーションソフトの新会社を設立

Mozillaは、インターネットにおけるメールおよびコミュニケーションに特化した新会社の設立を発表した。

[ITmedia]

 Mozillaは9月17日(米国時間)、インターネットにおけるメールおよびコミュニケーションに特化した新会社の設立を発表した。同社は設立に当たり、300万ドルの資金拠出を行った。

 新会社は、Thunderbirdのソースコードおよびブランドなどを基にした、インターネットコミュニケーションソフトウェアの開発、革新、改良を目的としている。

 同社代表に就任するのは、ActiveStateの最高技術責任者(CTO)兼技術担当副社長であるデイビッド・アスカー氏。同氏は、長年Mozillaコミュニティーのメンバーで、当初はMozillaを基盤とした統合開発環境であるKomodo IDEの開発を指揮。また、Python Software Foundationの理事長も務めている。

 Mozillaは、新会社設立後も引き続き、Thunderbirdのセキュリティや安定性を改善するアップデートを行っていくとしている。

関連キーワード

Mozilla | Thunderbird


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ