MS、Extenders for Windows Media Center対応製品を発表

対応新製品3機種を発表。またWindows Media Center Internet TVのβ版もリリースした。

» 2007年09月28日 10時11分 公開
[ITmedia]

 米Microsoftは9月27日、テレビなどの家電製品とPCとを連携させるソフト「Extenders for Windows Media Center」を搭載したサードパーティー製品を発表した。また同時に、「Windows Media Center Internet TV」のβ版をリリースしたことも明らかにした。

 Cisco傘下のLinksysは、対応DVDプレーヤー「Media Center Extender with DVD Player DMA2200」「同DMA2100」を発表。両機種ともデュアルバンドWireless-N対応で、米国で11月に発売予定。価格は349.99ドルと299.99ドル。

 D-Linkの「DSM-750 MediaLounge HD Media Center Extender」は、Windows Media Video(WMV)、DivX、XVid形式をサポート、EthernetまたはデュアルバンドWireless-Nでの接続が可能。価格は349.99ドル。

 またExtenders for Windows Media Centerは、HPが現在提供中のMediaSmart HDTVにも組み込まれる。42インチ、47インチの2サイズで展開中の「HP MediaSmart LCD HDTV」に、2008年初めからオプションでソフトをダウンロードできるようになる。

 テレビに接続することで、録画、写真・音楽・ビデオの共有が可能となるNiveusの「Niveus Media Extender - EDGE」は11月発売予定で、価格は未公開。

 またMicrosoftは、米国のWindows Vista Home PremiumおよびWindows Vista Ultimateユーザー向けに、Media Center Internet TVのβ版をリリースした。Media Centerに追加されたこの新機能により、MSN VideoのコンテンツをPCまたはテレビで視聴することが可能になる。コンテンツにビデオ広告を挿入するYuMeの広告プラットフォームを採用し、ユーザーは無料で視聴できる。β版のリリースと同時に、100時間以上のコンテンツが視聴できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR