ニュース
» 2007年09月28日 20時16分 公開

最大3000機器を監視――NEC、「WebSAM NetvisorPro」の新版を発売

NECは、LinuxおよびUNIXのOSに対応し、最大3000台のネットワーク機器を監視できるネットワーク運用管理ソフトウェアの新版を発売した。

[ITmedia]

 NECは9月28日、ネットワーク運用管理ソフトウェア「WebSAM NetvisorPro」の基盤エンジンを刷新し、マルチプラットフォームと大規模ネットワークに対応した「WebSAM NetvisorPro V」を発売した。

 WebSAM NetvisorProは、ネットワーク構成の表示や、機器における障害や性能の監視を基に、保守に必要な機器のバックアップやリストアを一括でできるソフトウェア。マルチベンダーによるネットワークにも対応する。

 WebSAM NetvisorPro Vでは、Windowsに加え、LinuxおよびUNIXのOSに対応した。UNIX版は3000台、Linux版とWindows版は1000台までのサーバとネットワーク機器を監視できる。また、統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」シリーズの運用管理基盤「WebSAMフレームワーク」に対応するWebSAM製品との連携も可能。

 価格は90万円から、Windows版は同日から、Linux/UNIX版は11月末から出荷開始。販売目標は3年間で5000本。

関連キーワード

運用管理 | NEC(日本電気)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ