ニュース
» 2007年10月15日 18時14分 公開

音や映像の品質管理も――富士通、NGN対応のNWソリューション

富士通は、次世代ネットワークが提供する音声や映像などのサービスを運用管理できるソリューションを発表した。

[ITmedia]

 富士通は10月15日、次世代ネットワーク(NGN)における運用/品質管理を実現するネットワークサービス管理ソリューション「ProactnesII」を、2008年度第1四半期から発売すると発表した。

 近年、ネットワーク技術の発達に伴いブロードバンドが普及し、IP電話や映像配信といったサービスがIPネットワーク上で提供されるようになった。それに伴いネットワークインフラが複雑になり、問題発生時の対処が難しくなるといった、品質/運用管理における課題が見られる。

 ProactnesIIは、ネットワークサービスで提供される音声や映像の体感品質を管理する「ProactnesII QM」と、数十万規模の通信機器で構成される大規模ネットワークの監視/運用管理ができる「ProactnesII NM」を提供する。

 ProactnesII QMは、ネットワーク上のパケットを汎用サーバで計測し、サービスのトラフィックを直接収集/分析し、ネットワークサービスの音声や映像の体感品質を定量化する。また、品質変化や障害傾向分析、予兆検知をリアルタイムで行う常時モニタリング機能を持つ。

 ProactnesII NMは、ネットワークサービス管理システム「Proactnes/SN」のアーキテクチャーを改良し、数十万規模の通信機器で構成される大規模ネットワークにも対応する。コア網からアクセス網までの障害監視やMPLS-VPN制/VLAN制御などができる。ProactnesII QMとの連携によるネットワークサービスの品質管理も可能。

image 「ProactnesII」のイメージ図

関連キーワード

運用管理 | 品質管理 | 富士通 | NGN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -