ニュース
» 2007年10月29日 19時56分 公開

セキュリティ対策済みモバイルPCを貸与、OKIネットが提供へ

沖電気ネットワークインテグレーションは、モバイル環境での業務に必要なセキュリティ対策を施したPC端末を提供するサービスを始める。

[ITmedia]

 沖電気ネットワークインテグレーション(OKIネット)は10月29日、モバイル環境での業務に必要なセキュリティ対策を包括的に提供する「モバイルPC@PTOP」サービスを、12月1日から開始すると発表した。

サービスイメージ

 同サービスは、OKネットがHDD暗号化機能を実装したモバイルPC(日本HP、NEC、レノボ製のいずれかをユーザー企業が選択)をユーザー企業に貸与し、USBメモリなどの外部メディアの暗号化サービス、遠隔監視、端末廃棄時のデータ消去などをセットにして提供する。有償オプションで、携帯電話やPHSのデータ通信カードやSSL-VPN接続のサービスとも組み合わせられる。

 利用価格は、標準セット(HDDや外部メディアの暗号化、遠隔監視、廃棄時のデータ消去)の場合で、1台当たり月額1万1550円から。30台の利用から受け付ける。同社では今後3年間で1万台の利用を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ