ニュース
» 2007年11月15日 17時15分 公開

NTTドコモ、法人向け位置情報専用端末を発売

NTTドコモは、FOMA対応の法人向け法人向け位置情報専用端末を発売する。車両管理やコンシューマー向けサービスなどに利用できる。

[ITmedia]

 NTTドコモは11月15日、FOMA対応の法人向け位置情報専用端末「CTG-001G」を12月7日から販売すると発表した。車両管理やコンシューマー向けサービスの端末などに利用できる。

 CTG-001Gは、「ビジネスmopera GPSロケーション」サービスに対応し、位置検索と現在地情報を管理センターなどへ通知できる。防犯機能も搭載し、本体のスライドスイッチを引くと防犯ブザーを鳴らして、位置情報を発信する。自動車に設置しての動態管理や、社員の位置情報把握、またコンシューマー向け位置情報サービスの端末としても利用できる。

 販売は同社法人営業部門が行い、12月7日から関東・甲信エリアで発売する。そのほかの地域では順次発売を予定する。

CTG-001G
製品名 CTG-001G
寸法 高さ79×幅43×厚さ23ミリメートル
重量 68グラム
連続待受時間 静止時:約300時間、移動時:約125時間
対応周波数 FOMA網2GHz(FOMAプラスエリア非対応)
防犯ブザー音量 約95デシベル
主な仕様

関連キーワード

NTTドコモ | GIS | GPS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -