ニュース
» 2007年11月30日 15時36分 公開

「Exchange Server 2007」のSP1リリース

SP1はExchange Server 2007の採用を後押しするだろう。

[Peter Galli,eWEEK]
eWEEK

 米Microsoftは11月29日、「Exchange Server 2007 Service Pack(SP)1」を顧客に向けてリリースした。同社の広報担当者が認めた。

 SP1はWindows Server 2008のサポート、Office Communications Server 2007との統合強化、モバイル機器のセキュリティと管理の改善が目玉になっている。

 「またOutlook Web Accessのユーザー体験が向上し、管理コンソールの機能性が高まっており、Standby Continuous Replicationによってディザスタリカバリ機能が改善している」と広報担当者は言う。

 元Microsoft幹部で、現在はAzaleosのCTO(最高技術責任者)のキース・マッコール氏は、SP1の新しい機能とサポートを歓迎している。AzaleosはMicrosoftのTechnology Adoption Programの下で、SP1をテストしていた。

 「移行を妨げる問題として、企業がExchange 2003と比べて2007に価値を見出しにくかったことがある。SP1のリリースで、Microsoftは本気でこれに取り組み、ビジネス継続性、モバイル機器管理、Windows Server 2008サポートに関して目覚ましい機能を加えた」(同氏)

 Horizon Consultingの上級システムエンジニア、ゲリー・クーパー氏も同意見で、SP1の追加機能でExchange Server 2007は「マスト」になると語る。

 「われわれが最も喜んだ機能強化は、Standby Continuous Replicationを加えた改良版のSite Resiliency Solutionと、Outlook Web Accessの継続的な改善だ」(同氏)

 SP1はここから無料でダウンロードできる。MicrosoftのTechnology Adoption Programの一環として、27万人以上のインフォメーションワーカーがSP1のβ版をテストし、うち3万人以上がWindows Server 2008を使っていた。

 SP1は、Exchange Server 2007が2006年11月30日に企業顧客向けに提供開始されてから約1年後のリリースとなった。

 「Exchange Server 2007登場以来、合わせて100万シート以上を使用している3000社以上の企業が、競合のメッセージング・ボイスメールプラットフォームから乗り換え始めた」とMicrosoftの広報担当者は言う。

 Azaleosのマッコール氏は、SP1ではパッシブノードのIOPS(1秒当たり入出力)も大幅に向上していると語る。「この改善は心強い」と同氏。AzaleosはExchange向けの構内管理型サービスを提供している。

 Microsoftにとってもう1つプラスになるのは、特にSP1のリリースを待っていた企業がExchange 2007を採用する後押しになるということだ。

 「全世界で1億4000万人いるExchangeの企業ユーザーの多くが、SP1を待ってExchange 2007の採用を控えていた。2008年の予算計画を進めていること、SP1が登場したことで、向こう18カ月間はIT部門が移行を進める期間になるだろう」(マッコール氏)

 だが、Exchange 2007移行に伴う課題も幾つか残る。ITスタッフが新しい管理インタフェースを完ぺきに使いこなすためのトレーニングのコストや、5種類のサーバロールが加わってより複雑になったこと、ストレージ管理とエンドツーエンドのモバイル機器管理のアーカイブという不可欠な機能がないことなどだ。

 Microsoftはホスティング型Exchangeも提供しているが、ホスティングパートナーとの「露骨な対立」や、ほとんどの企業が電子メールの管理をホスティング企業に渡すのに消極的なことなど、多数の課題を抱えているとマッコール氏は言う。

 Osterman Researchなどの分析会社の調査では、Exchange市場のうち、ホスティング型は2%で、急速な成長も見込まれていないという。

 ホスティング型Exchangeのメリットは欲しいが、電子メール資産の管理は社内に置きたいという企業の中には、ハイブリッド型製品を検討しているところもある。社内にアプライアンスを置き、ホスティング型サービスのような管理型サービスでサポートする製品だ。物理マシンと仮想マシンの構成で提供される。

 マッコール氏は、仮想マシン技術はExchangeの顧客基盤に「パーフェクトストーム」を巻き起こすと語り、5種のサーバロールが追加されたこと、構成とパッチ管理の問題、ビジネス継続性への要望がVMwareの採用を促進していると述べた。

 「それでもAzaleosと顧客は、2008年末に登場する見込みのWindows Server 2008のSP1を待たなければ、ExchangeをサポートするMicrosoftのハイパーバイザー技術『Hyper-V』を入手できないことに少々がっかりしている。それまでの間、VMwareプラットフォームを使って当社の新しいOneServer Virtual Edition製品をサポートできるのは心強い」(同氏)

関連キーワード

Exchange | Microsoft


Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -