ニュース
» 2007年12月06日 17時15分 公開

NEC、台湾からモバイルWiMAX用基地局を受注

NECは、台湾のWiMAX事業者大同電信からWiMAX基地局200システムを受注した。

[ITmedia]

 日本電気は12月6日、台湾のWiMAX通信事業者である大同電信から基地局設備200システムと、基地局設置に伴うシステムインテグレーションを受注したことを明らかにした。

 台湾では、今年8月に6社の通信事業者へWiMAX用の周波数免許が交付され、2008年3月から商用サービスが開始される見込み。大同電信は、台湾南部をサービスエリアとして開業準備を進めている。

 NECと大同電信は、今年1月から台湾・花蓮市などで医療や行政サービスおけるWiMAX利用の実証実験を行っており、患者を搬送中の救急車からWiMAX網を経由して心拍数や血圧数などのデータを病院へ伝送するトライアルを進めてきた。

関連キーワード

WiMAX | 台湾 | NEC(日本電気)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -