ニュース
» 2007年12月06日 19時16分 公開

KSK、デコレーションメール対応の携帯メール配信システムを発売

KSKは、画像や装飾文字を利用するデコレーションメールに対応した携帯電話メール配信システムを発売する。

[ITmedia]

 KSK フレックス・ファームビジネスユニットは12月6日、デコレーションメール(デコメ)に対応した携帯電話メール配信システム「Drive Mail」を、2008年1月下旬に発売すると発表した。

 同システムは、画像や装飾文字を使用するデコメを携帯電話ユーザーへ配信できる。デコメは、高速通信対応の3G携帯電話の普及で女性を中心に利用が広がっており、従来のテキストメールに比べて視覚効果の高いプロモーションメールを配信できる。

 対応する携帯電話会社は、NTTドコモとau、ソフトバンクモバイルで、1時間に最大30万通ソフトバンクモバイルは5万通まで)を配信できる。携帯電話以外の電子メールアドレスあてにも同50万通を配信できる。利用料金は、サーバライセンスと保守費用がセットで年額149万5000円。試供ライセンスも提供(要問い合わせ)している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -