ニュース
» 2007年12月07日 08時42分 公開

Salesforce.com、ユーザー企業間SNS「Salesforce to Salesforce」

Salesforce.comが、ユーザー企業同士がSNSのように互いに情報を共有できる新サービスを導入した。

[ITmedia]

 米Salesforce.comは12月5日、同社のユーザー企業同士が、情報を共有できるSNS型サービス「Salesforce to Salesforce」を発表した。

 ユーザーはボタンをクリックするだけで、ほかのユーザー企業を招待し、見込み客や機会、カスタムオブジェクトなどを安全に共有することが可能となる。アップデート機能により、企業間の情報共有の履歴、報告、ワークフローのルールなどの記録を互いに同期させることができる。

 Salesforce.comのアプリケーションはマルチテナント型アーキテクチャとForce.comプラットフォームを採用している。ユーザー企業すべてがこの共通のプラットフォームを使用しているため、情報共有という新サービスが実現したという。

 このサービスは、約3万8100社のSalesforce.comユーザーすべてに向けて提供が開始された。「Enterprise」「Unlimited Edition」のユーザー企業は、1接続につき年間1200ドル支払うことで、他社を招待し、情報を共有することが可能になる。

関連キーワード

Salesforce.com | Web2.0 | SNS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -