ニュース
» 2007年12月17日 12時54分 公開

IBM、技術革新に“CO2の個人管理”などを予測

IBMは人々の生活で今後起こりうる技術の発展と技術革新を予測した「IBM Next 5 in 5」を公表した。

[ITmedia]

 IBMは12月17日、今後5年間に起こる生活環境の技術革新を予測したリポート「IBM Next 5 in 5」の最新版を発表した。

 このリポートによると、環境分野では二酸化炭素の排出量を個人で管理できるソリューションが生まれるという。家庭の電気使用量を監視したり、携帯電話およびWebブラウザから家電製品の電源が操作できるようになる。また、水力、風力、太陽光、バイオマスといった自然エネルギーを購入する仕組みも出てくる。

 携帯電話は情報インフラとの連携が進む。例えば携帯電話で撮影した製品画像をインターネットに転送して情報を検索し、メーカーやオンラインショップなどから情報を入手できるようになる。外出先で携帯電話を開くと、ユーザーが求める宿泊施設や飲食施設などを自動配信する仕組みもできる。

 歩行者や障害物を自動で検知して混雑のない道順を選ぶ交通技術、RFIDで食品などのトレーサビリティを管理する技術、通院履歴や血液検査結果などの医療記録をアバター(ネット上の分身)に記録する技術も発展するという。

 IBM Next 5 in 5は、Web上でさまざまなテーマを議論するイベント「InnovationJam」で出た意見や市場のトレンド、世界中にあるIBM研究所の研究・開発の成果をまとめたもの。

関連キーワード

IBM | イノベーション | エコロジー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -