ニュース
» 2007年12月18日 16時53分 公開

国内NAS市場、2011年まで堅調な伸び

国内におけるNAS製品の売り上げや出荷台数は前年を上回り、2011年まで15%強の年間成長率を見せる――IDC Japanが国内NAS市場の予測を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月18日、国内NAS市場の中期予測を発表した。国内におけるNAS製品の売り上げや出荷台数は前年を上回り、好調を示した。

 2007年上半期(1月〜6月)の国内NAS製品の売り上げは前年同期より33.3%増の144億1800万円、出荷台数は2.8%増の7531台、出荷容量は101.3%増の26.5Pバイトとなった。国内でのNAS製品の需要は、1システム当たりの単価や平均容量が高い製品に移行している。

 2006年〜2011年の国内NAS市場の年間平均成長率は、売り上げで15.8%、出荷台数で15.9%となる見込み。2011年は売り上げで469億4900万円、出荷台数で2万8429台に達するという。企業内のファイルデータが急増しており、ファイルアクセス用ストレージの需要が大きくなっていることが成長の要因という。

image 2006年〜2011年における国内NAS市場の売上額予測(同社Webページより)

関連キーワード

NAS | ストレージ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -