ニュース
» 2007年12月26日 19時37分 公開

NEC、NGN推進プログラムを発足――オラクル、MSなど10社が参加

次世代ネットワークのさらなる促進を目指すNECは、IT企業10社とともに推進パートナープログラムを立ち上げた。

[ITmedia]

 NECは12月26日、次世代ネットワーク(NGN)対応の企業向けアプリケーション開発を推進するプログラム「NGNミドルウェアパートナープログラム」を主要ITベンダーとともに発足したと発表した。2008年3月から活動を開始する。

 参加企業は、EMCジャパン、日本オラクル、サン・マイクロシステムズ、ノベル、日本BEAシステムズ、日本HP、マイクロソフト、ミラクル・リナックス、米MontaVista Software、レッドハットの10社。

 プログラムでは、SIP(インターネット電話などで用いられる通話制御プロトコル)の技術を知らなくてもNGNを利用したアプリケーションを開発できる共通APIを策定するほか、SIPを使用したソフトウェア間の相互接続やNGN擬似環境との接続を検証する評価センター施設を提供する。

 NECは、SIPサーバ「CX6820」、NGNソフトウェアプラットフォーム「NC9000」シリーズ、SIP対応IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」シリーズなど、SIPをベースにした製品を軸にNGNの普及活動にいち早く取り組んできた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -