中堅中小企業の経営基盤改革術
特集
» 2008年04月10日 09時36分 公開

SMB市場向けSaaSに死角はあるか連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業(2/5 ページ)

[ノークリサーチ,ITmedia]

ユーザー企業への影響、所有から利用へ

 現在、企業におけるIT環境は、かつての「集中から分散へ」という流れから、再び「集中へ」という揺り戻し現象が起きつつあるが、今ソフトウェアの利用環境にも変化が起ころうとしている。それは「ソフトウェア自前主義」からの脱却だ。

 自社のコンピュータに専用のソフトウェア利用環境を整え、適正に稼働するよう運用管理するという一連の流れで生じる「負荷」を第三者に委託し、経営資源をコアビジネスに集中させようという考えだ。そのテクノロジーとしてSaaSが担う役割が大きいと見なされている。

 従来自前のソフトウェアを「所有」することでユーザー企業はライセンス費、システムインテグレーション(SI)費、バージョンアップ費などの高額なコストとともに、自社SEが運用・保守業務を負担してきた。ソフトウェアを「所有」することによるさまざまな弊害、問題に対して、第三者が管理するソフトウェアを「利用」するという概念が生まれることになった。

 そうした新たなソフトウェア提供形態であるSaaSを通して、ユーザー企業は低価格・短期間でユーザービリティの高いソフトウェアを利用できるようになる。

 SaaSでは、パッケージソフトに比べ短期間でシステムを稼働できる。また、途中キャンセルができる(最低契約期間、解約手数料発生の場合あり)。バージョンアップやセキュリティ対応に伴う運用・保守業務の一切をベンダーが請け負うため、そのためのSEが特別必要ではなくなる。一方ソフトウェアのバージョンアップはベンダーが独自に行うため、コンプライアンス対応やビジネス環境の変化に迅速に対応できる。

オススメ関連記事 -PR-

「手軽に導入できるSAP」を中堅企業に届ける

「SAPはハードルが高い」というイメージが払拭されつつある。長期的な費用を考慮すると、SAPは実は安価と考え、SAP Business All-in-Oneを導入する中堅企業が増えている。SAPが提供する実現機能確認シートに注目だ。一覧をチェックすれば購入前に費用の詳細が分かる。機能追加の際の費用も「見える化」できる。


なぜSAP ERPを導入するのか――女性衣料品通販ピーチ・ジョンの場合

ピーチ・ジョンは、女性向け下着などのカタログ通販で人気を集める。ピーチ・ジョンが、2009年の稼働を目指してSAP ERP導入プロジェクトに取り組んでいる。ネット販売店舗が急拡大し、継ぎ足すように対応してきたシステムをSAPでどう変えていくのか。2007年11月のワコールの完全子会社化に伴い内部統制強化も課題となっている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ