ニュース
» 2008年04月15日 17時49分 公開

「iPhone SDK」の検討を始めたエンタープライズアプリ開発者(2/3 ページ)

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 「iPhoneがエンタープライズ市場に進出するためには、AppleかサードパーティーベンダーがExchangeのサポートを提供する必要があるとみられていた。当社が最初にiPhoneのサポートを発表したとき、われわれは同プラットフォームがエンタープライズデバイスに進化する可能性に賭けた」(同氏)

 マーダビ氏によると、同社はSDKプログラムに登録したが、「当社の現在のiPhone製品はWebベースのソリューションであり、AppleのSafariブラウザを通じて必要な機能を提供する」という。

 1stWorksの共同創業者であるナイジェル・スパイサー社長兼COO(最高執行責任者)は「SDKのリリースは今のところ、われわれにとって重要な出来事ではない。1stWorksではWindowsプラットフォームを利用しており、iPhoneで遠隔制御を行うためのWebアプリケーションを開発している。当社では、SafariブラウザとそのCanvas機能をベースとしてiPhoneおよびiPod touch用のインタフェースを開発した」と話す。

 「iPhone OS 2.0は強固なセキュリティをプラットフォームに提供するため、ユーザーや企業にとって当社の製品のセキュリティがいっそう強化されることになる」と同氏は付け加える。

 「われわれはAppleとは一定の距離を置いた関係にある。彼らに問い合わせることもあるが、基本的には自力で問題を解決してきた」(同氏)

 Sybaseでモバイルコラボレーション製品の管理を担当するディレクター、センティル・クリシュナピライ氏も、iPhone SDKのリリースとiPhone 2.0に関する計画は、iAnywhereモバイル技術の計画に「大きな影響を与えるものではない」としている。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ