特集
» 2008年05月27日 00時00分 公開

New Generation Chronicle:クジラ飛行机――「なでしこ」に込められた鷹の勇気と蛇の知恵 (6/6)

[西尾泰三,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

コンピューターなんか使いたくない、と思っているような人に向けたサービス

コンピューターなんか使いたくない、と思っているような大人の初心者を対象に知を届けたい

―― 10年ほど前と比べて、インターネットは面白くなりましたか? もしくは、開発をしていて大きく変わったと思うことはありますか?

それほど楽しくはないですけど、ないと困りますし便利になってきています。プログラムを作っていて何か問題に突き当たったとき、ネットを検索すると、ほとんどの場合で誰かが書いた答えが見つかります。ある問題について調べたら、しばらく前に自分が書いたエントリが見つかって、それで問題が解決したということもしばしばです。便利になりました。

―― インターネットは10年後、どのように進化していると思いますか?

最近の若者は、携帯電話でインターネットを見て、PCはあまり使わないという報告がありましたが、やはりモバイル端末でするのが中心になりそうですね。

―― インターネットという世界において、自分は何を成し、またはこれから成していくだろうと予想されますか?

現状では、まだ何かを成したということはいえません。しかし、今後ますます便利なアプリケーションやサービスを提供していきたいです。とにかく多くの人がもっと便利になるものを作っていきたいです。一瞬が、あるいはたった1つの仕事が人生の意味のほとんど、あるいはすべてを与えることもあるのです。わたしにとっての仕事とは、「便利なアプリケーションやサービスを提供」することなのです。

 昔、一般企業で働いていたとき、プログラマーはわたし1人だったんですね。みんながエクセルやワードを使って手作業でデータの切り張りをしているのを見て、「コンピューターを使っている意味がないなあ」と感じました。現在のITは、まだまだ「人間がコンピューターに使われている」と思います。わたしが考える便利なアプリケーションやサービスというのは、コンピューターなんか使いたくない、と思っているような人に向けたサービスなのです。なでしこもまだプログラミング言語の域を出ていませんが、この夢を実現するための第一歩だと考えています。

―― 巨大なコンピュータリソースが与えられたらどんなことがしてみたいですか?

巨大なリソースが自分1人に与えられるより、多くの人がみんな同じ環境で使えるような端末があった方がうれしいですね。優れた開発者とチームを組んで新しいプロジェクトを手掛けるとすれば、ビジュアルプログラミング言語に興味があるので、Pure Data、Max/MSP、Automator、Squeak eToys、LEGO MINDSTORMなど、ビジュアル系プログラミング言語や、日本語プログラミング言語で書かれたOSを作ってみたいです。「それは不可能だ」ということはたやすいですが、もしかするとその不可能なことを実際に実行する無知な人間こそが求められているのかもしれませんしね。

―― IT業界は3Kだと思いますか? また、どうすれば改善できると思いますか?

周りからは3Kというイメージが強いみたいですね。プログラミングが面白いので、みんな熱中しすぎてしまうのが原因だと思います。確かに、わたしを含め労働時間はほかの業種の人よりも長いかもしれません。しかし、働き方を工夫できることもIT業界の良いところだと思います。

 これはフリーに近い立場でないと難しいかもしれませんが、納期さえ守ることができれば、朝を遅くしてもらったり、平日に休みを取ったりと、ある程度労働時間を自由にできそうです。子どもが小さいうちは、家で仕事をしたりもできるかもしれません。わたし自身も、個人的な開発や原稿執筆に力を入れていますので、会社や打ち合わせで家を出るのは週に数回にとどめ、自宅で働くことが多いです。自宅で作業できるメリットは、電話の音も周りに人の気配もないので、ものすごく集中できることです。ただし、そのせいか、かなり独り言が多い気がしますが。

―― 今、数あるITベンダーの中で「いい仕事してるなぁ」と思うベンダーは? また、その理由は?

文句なしに「はてな」とか凄いですよね。あとはやはり、日々お世話になっている「Google」「サイボウズ(ラボ)」は文句のつけようがないです。

―― 1週間の時間の使い方をアバウトで結構なので教えてください

月曜日から金曜日で、書籍のために原稿を書いたり、頼まれたソフトウェアを作ったりします。そして、週末は、土曜日と日曜日で週刊のコラムを書きます。平日で納期にゆとりがあるときに、なでしこの開発をしたり、ひらめいたアイデアを形にしてみます。本当は、自分のための開発をメインにして、頼まれた仕事を気分転換にするという状態にもっていきたいので、もう少し時間の使い方に工夫が必要だと感じる毎日です。

―― 未来の開発者たちに一言

体を壊さないように規則正しい生活を送り、好きなことをどんどん突き進んでください。わたしは最近、新しい家に引っ越したのですが、家のすぐ横に「すき家」があり、牛丼を食べる率がすごく増えました。ここ数年常に「ダイエットしてます」と宣言するのが口癖になっているのですが、人生はきっと「したいけど、できない。できるけど、したくない」から成り立っているんでしょうね。

―― この質問に項目を追加するとすれば、どんな質問を加えたいですか?

  • どうすれば、今よりもっと時間を有効に使えますか
  • 自分がもう一度20代をやり直せるなら、どんな風に過ごしますか

 わたしは昔からスケジュール管理が下手で、いろいろ試しているのですがなかなかうまく行きませんので、ぜひうまいやり方を知りたいです。

―― 自分が実際に会ったことがある人の中で、「この人に回答してほしい」という人は?

自作OSのOSASKを開発されている川合秀実さんに渡したいです。とても素敵な方です。しかも、未踏ユースつながりです。いつかOSASKでなでしこが動くようにしようと思っています。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ