中堅中小企業の経営基盤改革術
ニュース
» 2008年06月25日 08時00分 公開

中堅中小企業の経営基盤改革術:SaaS over NGNが中小企業IT化の鍵に (2/4)

[林雅之,ITmedia]

「SaaS over NGN」が目指す新たなバリュー

 これまで、SaaSのセキュリティのデメリットを補完する視点でNGNの機能を述べてきた。しかしそれだけでSaaS市場が急激に伸びるということは考えにくい。

 NTTは昨年度SaaS over NGNタスクフォースを立ち上げた。NGNという新たな技術革新を連携させ、オープンかつコラボレーションを志向したパートナーシップを構築して新たなSaaS市場を創造していくという取り組みである。

出所:NTT講演資料より

 セールスフォース・ドットコム、NTTコミュニケーションズ、NTTの3社は5月26日、NGN上でセールスフォース・ドットコムのSaaS型アプリケーションを共同で提供していくことに合意した。当初は、「Salesforce over VPN」のみだが、SaaS over NGN構想の一環として「Salesforce over NGN(仮)」を推進していくようだ。SaaSの代表的な事業者であるセールスフォースがNGN上で提供されるようになれば、中小企業にとっては、サービス利用への安心感は増すであろう。

 さらに、セールスフォース・ドットコムとグーグルの提携により「Salesforce for Google Apps」が提供されるインパクトも大きい。将来的にNGN上でGmail、Google Talk、Google CalendarおよびGoogle Docsなどが利用できるようになれば、セキュリティなどの安全面で不安視されていたエンタープライズ分野でのGoogleのサービス利用がさらに進む可能性も考えられる。

中小企業における共通プラットフォーム

 しかし、SaaSのデメリットをNGNが補完し、SaaS市場に新たなサービスが生まれたとしたら、中小企業はSaaSやNGNを利用することになるのだろうか。

 第1回で公共サービスのSaaSの効果について述べたが、中小企業は自社のシステムのメリットだけでは導入に踏み切れない。つまり、公共サービスの電子申請や企業間の連携サービスなど外部との接続メリットがなければ、SaaSやNGNを導入するという考え方は選択肢にはあまり入ってこないだろう。

オススメ関連記事 -PR-

「手軽に導入できるSAP」を中堅企業に届ける

「SAPはハードルが高い」というイメージが払拭されつつある。長期的な費用を考慮すると、SAPは実は安価と考え、SAP Business All-in-Oneを導入する中堅企業が増えている。SAPが提供する実現機能確認シートに注目だ。一覧をチェックすれば購入前に費用の詳細が分かる。機能追加の際の費用も「見える化」できる。


なぜSAP ERPを導入するのか――女性衣料品通販ピーチ・ジョンの場合

ピーチ・ジョンは、女性向け下着などのカタログ通販で人気を集める。ピーチ・ジョンが、2009年の稼働を目指してSAP ERP導入プロジェクトに取り組んでいる。ネット販売店舗が急拡大し、継ぎ足すように対応してきたシステムをSAPでどう変えていくのか。2007年11月のワコールの完全子会社化に伴い内部統制強化も課題となっている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ