中堅中小企業の経営基盤改革術
ニュース
» 2008年06月25日 08時00分 公開

中堅中小企業の経営基盤改革術:SaaS over NGNが中小企業IT化の鍵に (4/4)

[林雅之,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

経産省が推進するSaaSプラットフォーム事業

 経済産業省も中小企業向けSaaSプラットフォームのプロジェクトを進め、財務会計や給与計算やグループウエア、そして電子申請などができる環境を目指している。同様にNGNからアクセスできれば、その信頼性と利用用途は拡大していくのではないだろうか。海外のSaaS事業者であるセールスフォースだけでなく、日本のSaaS事業者が中小企業をリードすることも期待されるところである。

NGNの普及が決済事業市場に大きなビジネスチャンスを生む

 サイボウズ・メディアアンドテクノロジーが6月16日に発表した「ネット決済サービス実態調査 2008年度版」によると、NGNの進展が決済事業市場に大きなビジネスチャンスを生む可能性があるという。2007年度の決済サービスの市場規模は1880億円規模と推定されるが、既存のNTTのフレッツサービスがNGNへ完全移行する2012年度に3000億円に達する予測を立てている。SaaS利用において重要な決済サービス市場においてもNGNの役割は大きいといえる。

中小企業にとって重要なSaaSの共通プラットフォームと共通基盤

 SaaSとNGNの親和性は高く、新たな市場が創造されることが期待される。中小企業向けSaaSの共通プラットフォームで認証、課金、決済、請求など取引やコラボレーションの実現が望まれる。そうすれば、中小企業のIT投資に拍車がかかるとともに、異業種間連携が進み、中小企業の生産性向上に寄与していくことも十分に考えられる。

 第1回でNGNは2010年までに現在の光サービス提供エリアまで拡大する予定だが、それまでに中小企業が活用できるSaaSプラットフォーム及び認証基盤づくりが急がれるところである。

 今回、ユーザー側の視点でNGNの中小企業向けメリットを述べてきたが、NGNが普及すれば、中小企業もサービス側になることが可能になる。次回は中小企業の提供者側の視点やそのビジネスチャンスについて詳しく述べていきたい。

過去のニュース一覧はこちら

著者プロフィール:林雅之 

ICTコンサルタント 中央省庁へのICTコンサルティング、情報通信政策や技術の調査・分析、プロトタイプ開発等に従事。部内のプロジェクト管理やナレッジマネジメント推進等の総括も兼務している。


オススメ関連記事 -PR-

「手軽に導入できるSAP」を中堅企業に届ける

「SAPはハードルが高い」というイメージが払拭されつつある。長期的な費用を考慮すると、SAPは実は安価と考え、SAP Business All-in-Oneを導入する中堅企業が増えている。SAPが提供する実現機能確認シートに注目だ。一覧をチェックすれば購入前に費用の詳細が分かる。機能追加の際の費用も「見える化」できる。


なぜSAP ERPを導入するのか――女性衣料品通販ピーチ・ジョンの場合

ピーチ・ジョンは、女性向け下着などのカタログ通販で人気を集める。ピーチ・ジョンが、2009年の稼働を目指してSAP ERP導入プロジェクトに取り組んでいる。ネット販売店舗が急拡大し、継ぎ足すように対応してきたシステムをSAPでどう変えていくのか。2007年11月のワコールの完全子会社化に伴い内部統制強化も課題となっている。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ